スポンサーサイト
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★

一定期間更新がないため広告を表示しています

引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★
引越しそばはどうする?
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★

引越しに付き物なのが引越しそば

本来なら引越した人が業者や手伝ってくれた友人、近隣住人に振る舞うものです。

しかし、現在ではその風習もすたれてきました。そもそも、なぜそばなのかと言うこと事態が疑問です。

やはり忙しい引越し作業の中で、簡単に短時間で食べられるからということでしょうか?

近所に人が引っ越してきて、突然引越しそばを持ってこられても、それはそれで迷惑な気がします。伸びますし。

予告なく持ってこられても、相手の家庭にだってその日の食事の準備があるでしょう。

ある意味、いまではすっかりすたれた習慣である以上、必要のないものでしょう。よほど伝統の根付いた地域への引越しで、近所が古い名家ということでもない限り、まったくムダな気がします。

ただし、引越しそばで気分を盛り上げたいと方はいるでしょう。そんな時は、手伝ってくれた人にそばを振舞ってはどうでしょう。

本来なら新生活を始めるための重要な通過儀礼だったのでしょうが、その風習が満足に残っていない今、あまり固執することはありません。

引越しそばという風習自体がすたれてはいるということは、考えようによっては自由度が高まっているということでもあります。

活用するかどうかも裁量の余地が広がるということですし、振舞った場合のインパクトも強くなるということです。

余裕がなければ省いてしまえば済むことですし、友好的な近所づきあいのために、あえて引越しそばという伝統を受け継ぐという考え方もあります。

どちらの方向に考え方を持っていくかは自由です。

かつてのように根強く残っている規則のようなものでなくなっているのは事実なのですから、あまり気負うことはないでしょう。

持っていかなかったからといって、近隣住民からひんしゅくを買うものでもないでしょう。

むしろ、引越しそばはあくまで新生活への気分を盛り上げるためのものというぐらいの意識の方が適切な気がします。

転居先では何かと近所付き合い等で気を揉むかもしれませんが、最低限のマナー、たとえばゴミ出しのルールを守るとか、騒音を出さないとか、そういったことをきちんとするのが先決です。

人間関係が希薄になっている現在、あなたの転居先でもそれほど密接な関係を引っ越し直後から求められはしないはずです。

無理をしないで、できる範囲で十分でしょう。

引っ越しそばにしても、あまり深く考えずに、食べたければ食べる。面倒なら何もしない。そのくらいの方がかえってちょうどいいのです。

人との距離の取り方が難しくなってきた一因として、かつての親密な地域の付き合い方から、現代的な都市部で顕著な個人志向への移行の中で、転居先がどのような状況であるのかが分かりかねるということではないでしょうか?

地域による格差は確かに存在し、一般的には大都市になるほど人付き合いの距離が遠くなり、田舎に行くほど身近になっていきます。

地方なら引越しそばを持っていくことが無難なことが多くなるということです。

ただし、そこに住んでいる人の性格というのは、転居直後には到底分からないものです。

そういうことを考えてみると、蕎麦を片手に挨拶ぐらいは済ませておいたほうがいいのかもしれません。

一度挨拶を済ませておけば、その後顔を合わせても緊張することもありませんし、人間関係がスムーズになります。

気楽に新生活を送るためには、引越しそばを持参して挨拶をしておくことをお勧めします。

新居へ入居してしばらくたつと、その部屋に慣れて使い勝手がよくなる反面、引越し当初の初々しい気持ちは薄れていきます。そこで、しばらくしたら模様替えをしてみてもいいでしょう。

私が今まで行った模様替えの中で、手軽でありながら興味深かった物は鏡の設置です。全身が映る姿見を買ってきて、部屋に置いてみました。それまでは体の一部しか写せなかったので、とても便利です。服装のトータルコーディネートもしやすくなりました。

一人暮らしの部屋なので、それほど広くもありません。しかし、鏡があれば空間に広がりを持たせることができるのではないかという思いもありました。

しかし、壁一面が鏡という服屋と違い、姿見1枚ではマンションが広く見える効果まではありませんでした。さすがに欲張ってしまったようです。

しかし、自分の姿が映るとなると、意味もなく前に立ってしまうものです。休日で外出の予定もないのに自分の格好を気にしてみて、ジャージ姿で整えてもいない髪の毛に魅力などあるはずもないのに、いちいちそれを確認してしまったりするんです。ちょっと時間の無駄です。

しかし、鏡張りの部屋というのもどうかと思います。ピンクな感じが出すぎです。服屋や雑貨屋ぐらいがベストでしょうか。

ちなみに、合わせ鏡というのは縁起が悪いものとして忌避されているそうです。鏡を向き合わせて、永遠に同じ物が映っていくというものですね。そこに映った最後の顔が、その人が生涯を終える時の最期の顔になるという都市伝説もあります。

都市伝説に根拠などないでしょうが、気になる方は注意してください。

引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★
| 1/96PAGES | >>