<< ポスターを貼るなら | main | 引越しは面倒くさい? >>
スポンサーサイト
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★

一定期間更新がないため広告を表示しています

引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★
敷金を取り戻すために
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★

引越しの際には、敷金を確実に取り戻すために、入居時に部屋にある損傷や汚れについては、必ず記録を取っておきましょう。
より万全にするために、写真もあわせて撮っておくとよいでしょう。
 
私は、不動産の下見の時に損傷や汚れを見つけたときは、記録が残っているか不動産業者に確認しています。

その際に、その傷等が引越しの際に敷金の返還に影響するかも尋ねておくと、不動産業者の敷金返還に対する姿勢を垣間見ることもできます。
 
ただし、敷金に影響しないといわれた場合であっても、油断せず記録は残しておきましょう。

引越を終え、入居後、エアコンや風呂釜等、設備が故障したときには、すぐに管理会社に連絡をとりましょう。
 
そのまま放置しておくことで、状態が悪化するなどした場合、直接故障の原因があなたにない場合であっても、その費用の負担を強いられることになりかねません。

雨漏りや、湿気の多い部屋でカビが発生しやすいといったことも報告が必要です。
 
雨漏りなどは入居者に非があって起きることはまれでしょうが、放置しておいたことでカビの原因になる、亀裂等の損傷が進む、といったことはあります。

面倒でも管理会社への連絡は怠らないことです。

<退去時>
退去の際の部屋の点検には、できる限り管理会社や不動産屋、大家さんに立ち会ってもらいましょう。
鍵を返還し、後日管理会社や不動産屋が点検するとなると、傷や損傷について、確認することができなくなります。
相手の言いなりでは不利なのは言うまでもありません。
 
立会いには、入居時すでにあった損傷の記録があれば、それを持参しておきましょう。
写真などがあれば、いっそう心強いですね。

賃貸マンションを退去する時、敷金から差し引かれる修繕費用について

高額な費用を請求されるトラブルが増えています。

さらに追加料金まで支払ったケースもあります。

当社への相談も年間で一万件を超えています。

その原因として敷金の間違った常識と貸し手に一方的な有利な契約の存在、地方による契約時のルールの違いがあげられます。

引越しに際して敷金は返還されるのが基本なのですから、妥協せずに取り返しましょう。

家賃半月分から2ヶ月分程度は取られるのですから、ちょっとやそっとのことで取られたのではたまりません。

相手に不当な利得を得させて自分が損をするようなことを防ぐために、引越し時には敷金を取り返すことは社会的にも当然のことです。

本来的に言えば、不動産業者の方が知識が豊富であり、商売である以上は説明責任をともなうものなのですから、客が勉強をしなくてはならないということ自体が不適切なことです。

一部の悪徳業者の存在により、我々が転居する際に余計な手間が増えているわけで、これは社会的損失と呼べるでしょう。

まともな対応をする不動産屋が残るようになれば、この知識自体も不要になるわけですが、現状では引越しには敷金を取り返すという決意が必要です。
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★
スポンサーサイト
引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★

引越し業者全国厳選40社!!
最大7社からスピード見積り!
お引越し屋★